実は、あなたのその車…まだ価値があります!!

8に廃車で 7ヶ月分の自動車税還付!!

例)普通車(1600cc)で23,000戻ります!

車検が1年残っていると…
プラス12,600戻ります!

車検の費用

車検にかかる費用は、法定費用と呼ばれるものと車検の方法や自動車ごとの状態によって業者に支払う費用の二つに分けることができます。法定費用は重量税、自賠責保険料、検査手数料。業者に支払う費用としては点検整備料、代行手数料などが挙げられます。
自動車重量税とはどのようなものでしょう 大きさや重さによって課される税金が違う!

自動車にはその大きさの区分やt重量によって課される税金が違います。これが重量税というものです。車検を行う場合、その自動車の重量税分の収入印紙を購入して重量税納付書に貼付し、それを窓口に提出することで重量税を納付しなければなりません。

重量税の納付金額チェックポイント

  • 家庭用の普通自動車の場合であれば、その自動車の重量が500kg増えるごとに課される税金の額も増える
  • エコカー減免などが適応される場合は定められている分だけ重量税は減額
  • 新車購入から初めての車検(3年目)と、二回目以降の車検(2年毎)によって納めるべき重量税は違ってくる

※重量税の表などを確認した上でどれだけの費用がかかるのかを確認してください。

自賠責保険料とはどのようなものでしょう 未加入で公道を走ると懲役1年以下
もしくは50万円以下の罰金

自賠責保険は対人事故を保証するための保険であり、公道を走る自動車であれば強制加入させられる保険です。この保険に未加入の状態で行動を走った場合、懲役1年以下もしくは50万円以下の罰金となるほか、免許の点数も6点の減点となりますので必ず加入しておかなければなりません。車検を行う時期になれば自賠責保険の保険期間が満了となるようにされている方が多いほか、車検を行う際には新たに自賠責保険の継続申請を行う必要があります。

新車購入の場合 2回目以降の車検の場合 車検期間と自賠責保険期間の
両方が切れている場合
車検期間 3年後/37ヶ月 2年毎/24ヶ月 25ヶ月
料金 ¥40,040 ¥27,840 ¥28,780

※25年4月1日現在の自賠責保険料

車検の法定費用に関しては、簡易的な法定費用計算ソフトや計算プログラムのあるWebサイトなどで計算して参考にしてください。業者に支払う費用については、事前に業者の方に見積もりをしてもらうと良いでしょう。

Copyright ©IAL全国廃車手続きセンター All Rights Reserved.